雨の動物園

アクセスカウンタ

zoom RSS mont-bell ウォームキャスケット

<<   作成日時 : 2010/01/20 21:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

寒い日の友達

横浜の映画館まで片道15km程あって、
運動不足解消にもなるので、なるべく自転車で行くようにしている。

夏は気温が上がる前の早朝から出かけたり、
着替えを持っていったり、
色々工夫の余地かあるのですが、
冬はとにかく寒い。
ロードレーサーなんかで車道をビュンビュン走る
アスリート型の人間ではなく、
ママチャリに毛の生えた愛車にまたがる ヘナチョコ人間の僕は
走っても 走っても、一向に寒いのです。

そこで体温低下防止帽子をやっと買いました。

小学校の黄色い帽子も2年も被らなかったし、
その後も帽子を被る習慣が無かった…。
まぁ、とにかく帽子が似合わないんですよ!
だから被らない。
被らないから似合わない…。
そんなこんなで、約20年ぶりの帽子なのであります。

それにしても、良いのですよ。帽子。
(相変わらずに似合わないのですが…)
ずいぶんと暖かいのであります。
この帽子は裏地がシャミースっていうフリース素材になっていて、
汗まで蒸発させてくれる優れ物なんです。
それに、さらにラッキーな副産物も!
帽子を被ると、髪の毛をセットしなくていいんですよ。
最高です。本当。

しかし、見かけを気にしなくていいほど鈍感に年を重ねた僕の精神は、
はたして 良いのか?悪いのか?
其れが問題だ…。


それで、観てきた映画は『かいじゅうたちのいるところ』です。
UNDERCOVERの高橋盾サンお薦めしてたので期待して行ってきました。

確かにどれをとっても非の打ち所が全くなく、
絵本から映画に、これほど違和感なく昇華した作品は感動です。
絵本特有の投げっぱなしのストーリーって感じもあるけど、
そこも含めて素晴らしい映画なのは間違いありません。
お子さんがいる人は、特に観た方が良いんじゃないかなぁ。
きっと、何が大切なのかを自然に感じ取ってくれると思います。
大人達も、忘れかけてた心の優しい部分を思い出させてくれるかもね。


それよりも映画館内の予告編だけで不覚にも涙してしまった
天才・クリント・イーストウッドの新作 『インビクタス/負けざる者たち 』



これは観るしかない!って感じです。
去年の『グラントリノ』といい、クリント・イーストウッドは最高である。



かいじゅうたちのいるところ
冨山房
モーリス・センダック

ユーザレビュー:
子供と読むには最高で ...
非常に奥が深いただの ...
映画化!来年、実写映 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
mont-bell ウォームキャスケット 雨の動物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる